-

あんなに機器音痴の友人が電子書籍を持ち出したときは、正直びっくりしました。 その友人はほんとに本好きで、文庫本やハードカバーの本を借りていました。 自分も電子書籍の存在や性能は理解しているつもりですが、それでも紙のほうがいいなと感じていたため、 本好きの友人ならその気持ちはなおさらだろうと思っていたからです。 紙の本は、読みこむだけその証のように汚れていき、そんな本を見ると自分のものになったなーと感じます。 分厚い本を読み終え本棚に並べると、達成感のようなものを感じることもあります。 人への貸し借りができることも、話のきっかけだったり、新しい世界の窓口になったりしますよね。 その友人が電子書籍を持ち出したのは、旅行のためだそうです。 いままでと変わらず紙の本は読みつつ、出先で読書を楽しむ専用だそうです。 紙の本より軽く荷物も減らせるし、本屋が近くにないときでも買えるのが最大のメリットだと言っていました。 自分も固い頭をちょっと柔らかくして、電子書籍買ってみようかなと思いました。