-

任意整理という言葉は一般に借金の整理と呼ばれていてそれぞれの債権を有する者に対し借金の返済を続けることを選ぶ債務整理の手だてとなります。実際としての流れですが、司法書士の資格を持つものもしくは弁護士有資格者貸し手と借り手の間に立って、利息を定める法律に従い利息の再適用を行って借りたお金の元金について金利を減らすことにより3年前後の時間で返済していく債務の整理の手順です。この任意整理には裁判所などの公的な機関が口出ししませんのでこれとは異なる選択肢と比較した場合、手続きを取ったときのデメリットがほとんどなく手続きそのものも依頼者にとって一番重荷になることがないので、真っ先に比較することをお勧めするやり方といえるでしょう。それから、貸方がサラリーマン金融みたいな法外な利息であるなら、法律が許している貸出金利に加えて支払った借入金利については借金の元金に適用すると考え元金をカットすることもできます。ですので、消費者金融などの高い利子を取るところに対しある程度の期間返しているケースなら期待以上の額を減らせる場合もありますし10年以上続けて返し続けている例では元金自体が消滅するようなこともあります。任意の整理の良いところとすると自己破産手続きと違って一部のお金だけをまとめることが可能なため、他の保証人が関与している借入金以外だけで整理をしていく場合や住宅ローンの分を別として整理する場合なども使うことも可能ですし、築き上げてきた資産を放棄してしまうことは求められませんので株式や住宅などの資産を持っているものの、処分してしまいたくない場合でも有効な債務整理の方法になるでしょう。手順を踏んでからの返済に必要となる額と所得を比較検討しある程度返済の計画を立てられるようである場合は任意での方法を選択することは問題ありませんが、破産手続きとは違って借金そのものが消滅してしまうわけではありませんので負債の金額がかなりある場合には任意整理の選択をするのは難しいということになります。

Category

リンク